Date

気になる佃煮の需要

気になる佃煮の需要に関して
Breast Cancer Ribbon

高級佃煮

安くて気軽に食べられる、というのが私の抱くかつての佃煮に対してのイメージでした。

スーパーなどで簡単に購入でき、おいしいという点で普及していったのだと思われます。

しかし、今となってはそんな気軽な佃煮も高級品としての道を歩んでいるとしり、驚かされました。

素材に高級なものや貴重なものを使って高級感を出しているだけかと思っていましたがそうでもないようです。

もちろん素材にこだわってよりよいものを追及していくという動きは初めに着目すべき点でしょう。

他には製法にこだわって高級感を演出しようという動きもあります。

例えば、昆布の佃煮を作る際には、昆布と竹皮を交互に敷き、時間をかけゆっくりと作り上げることで昆布の味に深みを持たせるという手間をかけて高級な佃煮を作り出す製法があります。

食材にせよ製法にせよ高級感あふれるものを作るには時間がかかるということですね。

丁寧に作られたものには高級感だけではなく、職人の技のようなものも込められているのだと感じます。

Comments are closed.