禁煙パイポのメリット・デメリットについて

メリットデメリット 煙草をやめたいからパイポを利用しているという人は多いはずです。
吸いながら無理なく禁煙できるというスタイルで、本物のたばこのような味と香りがするのが特徴です。
最近ではパイポが人気で、ニコチンフリーはもちろん、レモンライム味やペパーミント味などの味が選べるタイプもあります。
見た目もおしゃれにこだわり、カスタマイズできたり、リキッドの交換ができるタイプなどデザインも豊かです。
ニコチンは精神的な依存が強くなってしまいます。
そのメカニズムはタバコを吸うと肺からニコチンが取り込まれ、ドーパミンが放出されます。
ニコチンが切れるとドーパミンの放出が止まるので強い意志を持っていてもイライラするといわれています。
タバコは精神的な依存だけでなく薬物への肉体的依存もあるのでやめにくいのです。
やめられないのは強い意志を持っていないからではなく、薬物への中毒症状であることを理解しなくてはいけません。
禁煙パイポは味のバリエーションが楽しめますし、煙も出るのでタバコを吸っているという雰囲気を楽しめるメリットがあります。
煙の量を調節する機能や充電機能もついていますのでパイポなら繰り返し使えて経済的なメリットもあります。
口寂しさも補うことができます。
時間や気持ちを埋めるのにちょうどよいサイズと使用感で、見た目もおしゃれなので安心です。
部屋も臭いがつかないというメリットがあります。
誤作動防止のためにロックもついていますし、充電も早いので便利です。
メンソールを希望するなら、メンソールをオプションでプラスすることもできます。
デメリットは最初から禁煙を目的にするよりも減煙をするのに使うのに適しているというところです。
煙を吸ったときののどの感じやたばこの味は本物になれていればいるほど電子パイポでは違和感を感じることになります。
慣れるまで時間がかかりますし、手になじむかどうかも個人差があります。
タバコより少し重く、太いからです。

禁煙パイポだけで禁煙は可能?

禁煙パイポだけで禁煙が可能かどうかといえば、個人差があるといえます。
当然時間もかかります。
パイポはタバコよりは価格が安いので経済的ですが、完全な代替物といえるかといえば疑問が残ります。
節煙しようとスタートする方にはおすすめですが、最初から完全禁煙を使用と思ったら禁煙外来で内服薬を処方してもらうほうがおすすめです。
ニコチン依存症は病気であるという考え方から保険診療ができる場合もあるほど精神的、肉体的な依存度が大きいのです。
病院でも半年から1年ほど通院する必要がありますから、禁煙パイポを使って禁煙ができる人はもともと本数が少ない人か吸い始めて間もない人といえます。
のどに優しい煙もタバコの煙が好きな方にとっては物足りないものでデメリットになります。
フレーバーを楽しむ余裕があるのも愛煙家とはいえないレベルの人だといえます。
パイポも進化しており、手ごろな価格でコンパクトで持ちやすく、リキッドが付属になっているなどサービス面での向上が目立ちます。
ガムや飴を食べるよりは健康的ですが、人によっては抵抗感があるともいえます。
煙がたくさん出ることに満足感を感じられる人は電子パイポだけで禁煙が成功しやすいといえます。
初期不良などのトラブルや自宅用や職場にそれぞれ用意したりと手間がかかることが中止につながりやすいとも言えます。
タバコの本数を減らせるかもしれないというレベルの期待値から始めると成功しやすいはずです。
ヘビースモーカーの方は禁煙外来に通い、ニコチン依存度チェックをしてみることが大切です。
3か月ほどかけてタバコの本数をゼロに近づけていきます。
すぐに禁煙したいという方にも禁煙外来への通院がおすすめです。