禁煙は治療薬で行うのが良い

禁煙プレート 煙草に含まれる多くの成分の中の一つであるニコチンには強い依存性があります。
喫煙者は個人差はあってもニコチンに対する依存が発生している事がほとんどなので、自らの意思だけで煙草を断とうとしても失敗してしまうケースも多いです。
少しでも禁煙の成功率を上げるには禁煙補助薬を使って禁煙を試みるのが良いです。
特に禁煙成功率が高い補助薬がチャンピックスやザイバンです。
チャンピックスは禁煙外来で処方してもらう事もできるので、チャンピックスでの禁煙をしたい場合は禁煙外来に相談に行くと良いです。
しかしチャンピックスはニコチンガムのようなニコチン代用治療薬との併用ができないので、ニコチン代用治療薬を使用して禁煙を考えている人はどちらかの使用を止めなくてはなりません。

一方でザイバンはニコチン代用治療薬との併用ができる治療薬なので同時に使って禁煙に取り組む事ができます。
ニコチン代用治療薬の成分には喫煙に対する依存性の原因であるニコチンが微量ではありますが含まれています。
そのため禁煙しながらも体内にニコチンが入ってくるので、ニコチンに対する依存から抜け出せずに禁煙に失敗する事も多いです。
しかしチャンピックスやザイバンはニコチン代用治療薬とは違ってニコチンが入っていない治療薬なので成功率が高くなります。
チャンピックスやザイバンを使う事で禁煙を始めた事による禁断症状を軽減させてくれますし、何よりも精神的な負担が少なく煙草を断つ事ができます。

しかし治療薬自体の副作用が発生する事もあるので、使用する際には注意事項をしっかり確認して使用するべきです。
治療薬による効果や副作用の出方は個人差もあるので、チャンピックスを初めて使用する時は自動車の運転や危険な作業等を行う時は避けた方が良いです。
また禁煙補助薬を使う時は併用してはいけない他の薬などがあるので、日常的に飲んでいる薬があればその薬と併用しても問題ないか事前に確認してくべきです。

チャンピックスの禁煙成功率はどれくらい?

喫煙者が煙草を断ってニコチンが体内に入ってこなくなると禁断症状としてイライラしたり、激しい眠気に襲われたりして人によっては生活に支障が出るほどです。
チャンピックスは脳のニコチン受容体にニコチンに変わって結合するのでニコチンを断った時の強い離脱症状が軽減されるので、ただ喫煙を止める方法と比べて楽に煙草を止める事ができます。
チャンピックスを使った禁煙は補助薬を使わない禁煙と比べて成功率がかなり高くなっていて約75%が禁煙に成功しています。
チャンピックスは禁煙外来で処方してもらえて条件を満たしていれば保険も適用される補助薬です。
禁煙外来に通う事でチャンピックスを出してもらえるだけでなく、専門医と計画を立てて禁煙に挑めるので禁煙外来を利用した上でチャンピックスを使うとより成功率が高くなります。

チャンピックスは補助薬としての効果も高いですが、副作用もあります。
効果も副作用も個人によって違いがあるので、服用し始めてからは体調に気をつけて強い副作用が出た場合はすぐに専門医に相談するべきです。
チャンピックスを服用する事で煙草を断つ事による離脱症状はかなり楽になりますが、チャンピックスによる副作用があまりに強く出る場合は服用するのも止める決断も必要です。
チャンピックスは基本的に用法と用量を守れば安全な補助薬ですが、併用してはいけない他の薬を併用してしまったり、服用する量を間違えれば体に悪影響が出てしまいます。
服用する量を間違えるケースはそれほど多くありませんが、併用してはいけない薬を知らずに併用してしまう人もいます。
そうならない為に他に飲んでいる薬がある場合はチャンピックスを購入する前に医師に確認しておくべきです。