気軽に禁煙に挑戦するならまずニコレットを噛む

禁煙をしたいと思っていながら、なかなか実行に移せていないという人はニコレットを購入して禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。
タバコを吸っていると健康に様々な悪影響がありますから、気軽に入手出来るニコレットを使っての禁煙治療をしてみましょう。
よく、禁煙治療は苦しいと言われていますがそれは、タバコを長年吸っている人はニコチンへの身体的依存が出来てしまっているので、タバコをやめると体内のニコチンが欠乏したことにより、様々な離脱症状が起こってしまうからです。
その離脱症状には、イライラ感や不安、タバコを吸いたくて仕方が無いという気持ちが起こってくることに加えて、身体のだるさや頭痛などが起こることもあります。

禁煙を目指している人がこうしたニコチンの欠乏による離脱症状を感じた時に、頼りになるのがニコレットです。
ニコレットはガムタイプの禁煙補助剤となっており、微量のニコチンが含まれているため、禁煙中にイライラ感や落ち着かなさを感じた時に噛むと、ニコチンを少しだけ摂取してイライラ感などの離脱症状を抑える効果が期待出来ます。
禁煙を成功させるには、身体的依存の他に心理的にタバコを吸う習慣が身に付いてしまっていることも変える必要がありますが、ニコレットを使って禁煙をすれば、ニコチン欠乏によるつらい症状を軽減する効果が得られるので、タバコを吸う習慣をまず改めて、その後で徐々にニコレットを使う頻度も減らしていくという方法で無理なく禁煙治療が出来るというメリットがあります。
さて、ニコレットを使って禁煙治療をする時に起こる可能性があると報告されている副作用は、吐き気やめまいなどです。
もしもニコレットを噛んでから吐き気やめまいが起こってしまった場合は、副作用のせいかもしれないため、一度ニコレットの使用を中止して、医師や薬剤師に相談してみると良いでしょう。
相談をしてみれば、どうやって対応すれば良いかをアドバイスしてもらえるはずなので、自分の体調に気をつけながらニコレットで禁煙に挑戦するのがおすすめです。

ニコレットの効果を発揮する正しい噛み方

ニコレットの使用方法は、禁煙期間中にタバコを吸いたいという欲求が出てきた時に1回1個を30~60分かけてゆっくりと噛むというものになります。その時に気を付けたいことは、ニコレットの効果を最大に発揮させるために正しい使用方法を守るということです。
ニコレットの効果を発揮させるための正しい噛み方は、初めに禁煙前に吸っていたタバコの1日あたりの量に合わせた使用個数をニコレットのホームページなどで確認し、禁煙を始めてからの期間ごとの1日の個数を守って使用し、徐々に減らしていくことになります。

ニコレットを実際に噛む時は、ピリッとした味がするまでゆっくりと15回ほど噛み、その後、味がしなくなるまでガムをほほと歯ぐきの間に置いておきます。
1分間以上ほほと歯ぐきの間に置いておいて味がしなくなったら、またニコレットをゆっくりと噛むという動作を繰り返し、1個のニコレットを30~60分かけて使うのが正しい方法です。
もしも、このガムを速く噛んでしまった場合、唾液が多く出てしまい、ニコチンが口腔粘膜から吸収される率が低くなってしまいます。そうなってしまうと効果が最大限発揮されないため、ゆっくりと断続的に噛むという方法を使いましょう。
ニコレットを使ってタバコを吸わない状態に慣れるためには、このガムを時間をかけて噛むことが口さみしさを軽減することにもつながるので、守った方が良い方法と言えます。
また、このガムはゆっくりと噛むことで口の中やのどに刺激感を感じることを抑えるのにも役立ちます。
ニコレットで禁煙治療を成功させたいなら、使用期間は最大3カ月というルールも守って使うのが良いでしょう。
1日に使うニコレットの数を減らしていって、タバコを吸いたくなったら普通のガムを噛むといった風に徐々に切り替えていくと成功の確率が高まるため、挑戦してみてください。