喫煙者は虫歯が出来やすいのは何故?

喫煙と虫歯は一見関係がなさそうにみえますが、実は大きな関係があります。喫煙をすると、歯の表面に汚れがつき、ザラザラします。
ザラザラした状態は虫歯の原因となる菌や細菌が付着しやすい状態になります。さらに、口の中が乾燥しやすくなるので、細菌が繁殖しやすい環境になります。
虫歯の原因は、歯垢の中にいる細菌です。この細菌はネバネバした物質を出し、強固に歯に付着します。ネバネバした物質は酸性で、歯を溶かしてしまいます。虫歯というのは、この酸によって歯が溶けて行く症状のことを言います。
喫煙によって減る唾液には、自浄作用と再石灰化作用という働きがあります。自浄作用とは、唾液によりお口の中を洗い流す作用のことです。
再石灰化作用は、唾液の中の成分が虫歯菌によって溶かされた歯を修復する作用のことです。これらふたつの作用により、唾液は虫歯から歯を守っています。
しかし、喫煙をすることで、唾液の量は減ってしまいます。歯垢がついても洗い流すことはできず、お口の中は常に虫歯になりやすい状態になってしまいます。根面カリエスといって、歯の根元の部分から起きる虫歯が起きるのも喫煙者の特徴です。

さらに、喫煙すると体内のビタミンCを消費してしまいます。お口の中には、虫歯の他に歯周病という病気があります。
歯周病は、歯茎が腫れていく病気ですが、ビタミンCはお口の健康にも欠かすことができません。体内でビタミンCが消費されてしまうと、健康な歯茎を維持することができず、腫れやすい状態になってしまいます。
虫歯と歯周病は、どちらも歯を失ってしまう原因となる病気です。喫煙することで、歯を失うリスクは倍以上になります。
自分では歯を磨いているつもりでも、タバコの汚れは一度付いてしまうとなかなか落とすことができません。歯がタバコで茶色になったり、口臭につながることも多いです。お口の健康を守るためには、喫煙という習慣は避けた方がいいことが分かります。

喫煙をすると子供にも虫歯ができやすくなる理由

喫煙をすることで、自分自身だけでなく、子供など家族にも影響が出てしまいます。タバコから出る煙は、自分が吸うものを主流煙と言いますが、フィルターを通すことでタールなどを減らすことができます。
タバコに火をつけて燃えた煙のことは副流煙と言い、主流煙よりも有害物質を多く含みます。
副流煙を吸い続けると、その分多くの有害物質を体内に入れることになります。特に成長途中の子供の場合は影響を受けやすく、大人よりも深刻な状態になってしまいます。
タバコを吸っていない子供なのに、タバコで歯の表面が茶色になってしまったり、歯垢が多く付着します。

歯垢が付いている状態というのは、虫歯になりやすい状態です。タバコの汚れというのは一度付いてしまうと、歯ブラシでは落とすことができません。ザラザラとした汚れの付きやすい歯は、歯垢がたまり、どんどん虫歯ができてしまいます。
根面カリエスも喫煙者の子供に多い症状です。子供の乳歯は、大人と比べるとやわらかく虫歯の進行が早いです。
いずれ抜けるから放置していても大丈夫だと考える人もいるようですが、お口の環境というのはすぐには変わりません。ただでさえ、タバコにより虫歯になりやすい状態になっているので、永久歯が生えてきたら急に歯がツルツルになることはありません。
もちろん、虫歯になりやすいということは、歯周病にもなりやすい状態です。喫煙は自分の習慣だから、自分の好きに吸うという考えでは、子供の健康まで脅かしていることになります。
副流煙の害は、喫煙者本人よりも周りに被害を与えています。自分はもちろん、一緒に住んでいる子供のお口や体全身の健康のことを考えて、タバコの害について知っておくといいでしょう。