喫煙女子は禁煙女子になって肌を綺麗にしよう!

喫煙が肌に与える影響は大きなものです。シミ、シワの原因になり、ハリやツヤを失います。同年代の禁煙者と比べても5歳程度は老けて見えるようになります。綺麗な若々しい肌を維持したいのであれば禁煙が必要です。
タバコには多くの有害物質が含まれています。喫煙を続けているとビタミンCが大量に消費されます。だいたい2本で1日に消費されるビタミンCの量と同じになります。ビタミンCは美容には欠かせない働きがあります。
例えば、メラニン色素の生成を抑制すること、コラーゲンの合成をすること、免疫力を高めること、傷の回復を早めることができます。
さらに、皮膚のバリア機能を高めて、キメの整った肌を保つなど様々な効果があります。このビタミンCが失われることで肌の状態が悪化します。
それだけではなく、喫煙することで血管の収縮が起こります。収縮した血管は血流が下がり、十分な新陳代謝が得られなくなります。古くなった肌は硬化し、水分が行き渡らなくなるため肌にハリがなくなります。
そのため皮膚の小じわの量も増加します。古い角質が残る時間が長くなるので肌が黄ばんで顔色が悪くなります。また、歯の色も悪くなるため見た目でわかるようになります。
そのほか血管の収縮はいろいろなところに影響を与えます。肌には多くの毛細血管があります。それらの毛細血管によって肌細胞に潤いが与えられます。
血流が悪くなることで毛細血管への流れも少なくなることから肌のすみずみまで潤いが届かない恐れがあります。また頭皮にも栄養分が供給されなくなることから白髪が増えることになります。

喫煙によりビタミンCが失われて、コラーゲンを生成する能力が低下します。コラーゲンは肌のハリに直接影響を与えるものです。コラーゲンがあることによって弾力性がある肌になります。
新しいコラーゲンが生成されなくなるとコラーゲンの更新サイクルが長くなります。古くなったコラーゲンは弾力性がなくなります。結果としてツヤのない肌になります。

女性が喫煙を続けるのは自ら老け顔へ向かうのと同じ

同年代の喫煙している女性と禁煙している女性を比べると明らかに違いがあります。禁煙者の顔はハリがあるのに対して喫煙者は深いシワが多く、色やツヤもよくありません。
ところどころシミが目立つのも特徴の一つです。また歯も黄ばんだ状態です。このような顔をスモーカーズフェイスと言います。
これは喫煙の悪影響の一つになります。いくら美容に気をつかっていても禁煙しない限りは改善されることはりません。多くの女性は老け顔にはなりたくないと思うはずです。
でもシワが多くなるだけでも年老いて見えます。禁煙者と比べてもだいたい5歳は老け顔に見えると言われています。

シワやシミを取り除くために多くの化粧品が発売されています。それらは肌を改善し、ツヤやハリを取り戻すことも期待できます。高価なものはそれだけ効果が高いとされています。
喫煙者の場合でもそのような化粧品を使えばある程度改善されるようになります。ただし、原因となる喫煙をやめない限り、またすぐ元の通りの老け顔になります。それでは化粧品に使う費用が無駄になります。
このような状況を本気で、しかも短期間で改善したいのであれば禁煙するしかありません。禁煙をすることで老け顔の原因となるものを除去し、肌が改善されます。代謝のスピードにもよりますが、肌が新しいものに切り替わることで改善されます。
美容は内側から行った方が、効果的で短時間で改善されます。化粧品などを使う改善方法は対処療法であり、時間も費用もかかります。禁煙することは時間も費用もかからないためコストパフォーマンスも良くなります。
だからこそ女性には禁煙することが血流を良くして肌にハリを持たせる最適な方法になります。