Date

気になる佃煮の需要

気になる佃煮の需要に関して
Breast Cancer Ribbon

リサイクルで佃煮

みなさんはだしを取る時に昆布を使うことが多いと思うのですが、だしを取った後の昆布をどうしていますか。

食べて消費するという昆布好きな人はいるかもしれませんがそれ以外の人はたいてい捨ててしまっているのではないでしょうか。

そんなもったいないを解消するためには、簡単で手間のかからない佃煮にすると良いと思います。

このメリットとしては、昆布を水で戻すという過程が省ける上、一品加えることで様々な佃煮を作れるということ。

例えば、シイタケなんかを加えるとだしを取り終わってなくなってしまった昆布の食感もシイタケの食感で補うことができちゃいます。

また、自分で作るため加える調味料の量や種類も自由!自分オリジナルの佃煮を家庭にいながら簡単に作れてしまいます。

オリジナリティーを作るという楽しさまで生まれてきます。

今まで捨ててしまっていた昆布を一工夫で白米のお供やお酒のおつまみにもなる佃煮にリサイクルしてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.