どうしても禁煙に挑戦したいなら禁煙外来へ行く

タバコは百害あって一利なし。わかってはいるけれどやめられない。ある調査によれば喫煙者の6~7割の人は、できることならタバコをやめたいと考えているそうです。ですが実際にはやめられない。自分でやめたいのにやめられない、何かおかしいことです。
意志が弱いからとあきらめて言い訳する人がいます。意志も全く無関係ではありませんが、実は自分でタバコをやめようと思っても容易にやめられないとしたらそれは病気だからです。自分の意志だけの問題ではなく、むしろタバコ依存症というれっきとした病気のためです。

病気には原因があります。タバコ依存症の原因はニコチン依存症と習慣依存症という二つの依存症が関係していることが、明らかになっています。原因がわかってくれば、タバコを止める方法がわかってきます。
ニコチン依存症の症状にはニコチン置き換え療法という治療法を、習慣依存症の症状には行動置き換え療法と呼ばれている医学的、科学的根拠に基づいた合理的な素晴らしい治療法が、登場しました。
しかもニコチン置き換えの治療法で使用される禁煙を助けてくれる薬のニコチンガムなどは、禁煙についてまわるニコチン切れのつらい身体症状を確実に抑えてくれますので、とても楽にやめられる点で画期的です。
タバコがやめられないのは、意志が弱いからと悲観することはありません。病気の原因をしっかりと理解してその治療法に従えば、必ずタバコにサヨナラすることができます。タバコの害は喫煙者本人ばかりではなく、タバコを吸わない非喫煙者にも、タバコの煙の被害が及ぶこともあります。
最近では禁煙を的確にサポートしてくれる禁煙外来をはじめとする、禁煙支援の窓口がたくさんできてきています。適切な治療を受ければ確実にしかもかなり楽に、タバコにサヨナラできるはずです。
ともかくタバコがやめられないのは病気であることをはっきりと認識、理解し適切な治療法で臨めば必ずタバコにサヨナラできるはずです。最近は禁煙外来に通って医学的に、禁煙を行う人も多くなってきています。

禁煙外来での治療はどのくらいのスケジュールで行う?

1994年の7月に日本においてもニコチンガムの使用が可能になりましたが、これをきっかけに禁煙外来という看板を掲げてニコチン置き換え療法による、禁煙プログラムを取り入れた禁煙指導に本格的に取り組み始めた病院や、医院が全国にちらほらと出現しました。1999年5月には新たなニコチン入りの薬としてシールが登場し、ニコチン置き換え療法で使用する薬の選択肢も増え、禁煙外来の数も日ごとに増えてきています。
ニコチンシールは貼付後3~5時間で血中ニコチン濃度が上昇し始め、ほぼ1日中一定の濃度を保つことができます。1時間に1本喫煙するのとほぼ同じレベルになります。これはタバコの代用にはなりませんが、ニコチン離脱症状を抑えるには十分なレベルです。
ニコチン欲求は禁煙開始後徐々に弱くなっていきますので、標準的な使用の場合は8週間かけて大きなものから、小さなものへと徐々に減量させていきます。この8週間の間に、離脱症状が出てくる人もいます。
出現した離脱症状の確認と、対処法について医師から適切なアドバイスをもらいます。また吸いたい気持ちをコントロールする方法などを、アドバイスしてもらいます。

禁煙外来がある病院で処方されるシールやガムは、医師の処方箋が必要な医薬品ですが健康保険は全くききません。
大変に不思議なことですが、この医薬品は販売が承認されたときに薬価収載からはのぞかれてしまいました。
つまり健康保険がきく薬としては認めてもらえませんでしたので、ニコチン置き換え療法に関しては診察料も含めて費用は、自己負担扱いとなってしまいました。
国の言い分はニコチン依存症を病気とする概念はまだ定着していないうえ、喫煙という生活習慣にかかわる問題を治療薬として認めるわけにはいかないというものでした。
この治療を希望する人は、当面診療の費用は全額を自己負担しなければなりません。