Date

気になる佃煮の需要

気になる佃煮の需要に関して
Breast Cancer Ribbon

健康に良い佃煮

健康に良い佃煮

私は佃煮に関する栄養素について調べたことがあるのですが、少し気になったことがあります。

それは、これを作る時には栄養素まで考えぬいて作っているのではということ。

どういうことかといいますと、佃煮に最も多く含まれている栄養素は記憶障害やうつ病などに効くビタミンB12という栄養素なのですが、このビタミンB12を多く含む食品はどのようなものがあげられるでしょか。

それは、しじみなどの貝類やサンマなどの魚類、そして牛や豚などの肉類です。

ここまで書けばお気づきになるでしょうか。

そう、佃煮に使われている食材のほとんどにはビタミンB12が豊富に含まれているのです。

これは、佃煮は記憶障害やうつ病などの生活習慣病を改善するために作られた食べ物であると思わざるを得ません。

みなさんも食品に含まれる栄養素だけでなく、そこから一歩進んだところまで調べてみると新たな発見が生まれ、より一層食事が楽しめるのではないでしょうか。

佃煮煮汁の廃棄について

佃煮を作る際には食材を水や醤油と一緒に煮て、腐食を防ぐために脱水するというのが製造過程にあります。

食品として販売する際には大量の水や醤油が使われるため、廃棄される煮汁の量も相当なもの。

友人から聞いた話ではこの煮汁を再び飲料水として用いることができるようにするためには多額の処理費が必要であると聞いたことがあります。

ただ作るだけではダメ、そこで煮汁の廃棄について紹介したいと思います。

普通に処理していたのでは多くの無駄が生じてしまう。

そこで最近では煮汁を処理して別の方法でリサイクルしようという動きがあります。

どういうことかというと、煮汁を特別な方法で処理して、バイオエネルギーに変えてしまおうという手法。

こうすることで煮汁を新たな方法で用いることができ、少しでも無駄を減らせる、画期的な手段だと私は思います。

美味しい佃煮を紹介してくれるサイト

ただ、作るだけでは多くの無駄が生じ、いつかなくなってしまう。

佃煮に関しても無駄を減らす方法を考えることは佃煮を維持していくためにも必要なことだと思います。

Comments are closed.